孫氏の太陽光発電計画、関西広域連合が協力検討
読売新聞 5月21日(土)12時45分配信

 近畿などの2府5県でつくる関西広域連合が、ソフトバンクの孫正義社長が提唱する大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画への協力を検討していることがわかった。

 孫社長と交流のある大阪府の橋下徹知事の仲介で、26日に大阪市内で開かれる広域連合の会合に孫社長を招き、協議する方向で調整している。

 関係者によると、孫社長はメガソーラーを全国に10か所建設する計画を検討。総事業費計800億円の一部を自治体に負担してもらう意向で、4月20日の講演で、「安全対策などでコストが高くなる原発より、クリーンで、将来のコスト低下が見込める自然エネルギーに転換すべきだ」と主張していた。

 一方、橋下知事は同26日に孫社長と会談。その2日後に開かれた広域連合の会合で、各府県知事に孫社長への協力を提案した。孫社長を招く予定の今月26日の会合では、広大な面積が必要になる用地の確保などを協議するという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110521-00000394-yom-bus_all

埼玉県:知事が県内に太陽光発電所計画 孫社長と連携し
毎日新聞社 2011年5月21日 21時48分

 東日本大震災で自然エネルギーが注目される中、埼玉県の上田清司知事は21日、同県内に大規模太陽光発電所を設置する計画を進めていることを明らかにした。同県熊谷市内で記者団の取材に答えた。原発に代わるエネルギー開発構想を掲げているソフトバンクの孫正義社長と連携する。

 上田知事によると、発電能力は約2万キロワット以上。設置費用として見込まれる80億円のうち、孫氏側が79億円、県など地元自治体が1億円をそれぞれ負担する予定という。

 孫氏は4月20日の民主党の会合で、脱原発を提言している。【西田真季子】
http://mainichi.jp/select/today/news/20110522k0000m040077000c.html


このニュースを読んで、ちょっと心が躍りました!

私は京都出身で、この2府5県の中に含まれているし、京都・大阪両府知事にも陳情書(請願書)の件を打診していたので、こういう方向に向かってくれればとても嬉しいです。

以前にも少し書きましたが、私はSB孫さんに対して少しアレルギーがあります。しかし、今の状況で信念を持って動ける彼を、同時に羨ましく感じています。結果どうなるかはわかりませんが、脱原発のためには必要なプロセスだと思いますし、応援します。

今までバラバラに動いていたピースが集まりつつある、そんな気がします。

(うまくいくかはわからないけれど)この26日の協議、大注目です!!!!!

本件については、続報があり次第また記事をUPします。

今のところは、ここまでとします。

失礼します。