2011/05/09 CNIC News 福島原発解説 後藤政志氏 1/2
http://www.ustream.tv/recorded/14588749


久しぶりに後藤さんが声を荒げていらっしゃったので、おどろきました。(30分以降です。)

3.11事故発生当初より、原子力情報資料室では、とても内容の濃いすばらしい放送をしていただいており、自分の勉強不足を助けていただいています。

中でも後藤さんの言葉というのは、技術者ながらも割りと聞きやすく、嘘がない表現でとても信頼しています。その後藤さんがこんなに声を荒げるなんて・・・。

自分が漠然と感じていた憤りや不安が、後藤さんの発言によって、より現実味を帯びたのは間違いないです。

先日、日本を離れる際に、私の大切な友達に、「終わりなき人体汚染」を見るようメールしました。この一ヶ月、日本に帰国して、たくさんの友達に会い、近況報告や育児のことなどを聞いてまわり、みんなが元気であることを喜ぶと同時に、みんながあまりにも放射能について楽観的過ぎると感じていました。なのに、私は友達と楽しく時間を過ごすことを優先してしまいました。

でも、帰国前に考え直しました。

自分が3.11から今まで一生懸命勉強してきて、放射能の危険性や政府や東電の対応のまずさ、マスコミの情報統制など、知りえたことはたくさんあります。

・・・それを友達に伝えないということは、政府のやっていることと同義になってしまう。

それだけは絶対に嫌だと思いました。そこで、特に子供が欲しい友達や、子育て中の友達には、伝えられることは伝えたと思っています。このことで、不安を煽る結果になってしまっても、絶対に将来その子自身や子供のためになると信じています。

もし、この記事を読んだあなたが、私と同じように友達に危険を知らせる行動ができずにいるなら、もう一度考え直してほしいと思います。

あなたの気持ちはとてもよく判る。私もそうだった。
でも、一歩先を見て進みましょう?

今回は、本当に日本に帰って良かったと、心底思いました。

では、この記事はここまで。

ぼちぼちしてらんねぇよなwww