被ばく線量 「福島の作業別枠に」東電要望  東京新聞   
2011年4月29日 朝刊

 原発作業員の被ばく線量上限をめぐり、東京電力の松本純一原子力・立地本部長代理は二十八日の記者会見で、「作業員確保の観点から、通常時の被ばくと福島第一原発での緊急時の被ばくは、別枠と考えたい」と述べ、国と上限の緩和に向けて協議していることを明らかにした。
 国は、今回の原発事故に限って緊急業務の場合の上限を年間一〇〇ミリシーベルトから同二五〇ミリシーベルトに引き上げた。ただし、厚生労働省は通常業務では年間五〇ミリシーベルトかつ五年間で一〇〇ミリシーベルトという上限を設けている。
 福島の事故で復旧作業に従事した作業員のうち三十人が一〇〇ミリシーベルトを超えた。
 基準に照らせば、この人たちは今後五年間は他の原発で働けなくなる。
 このため東電は基準緩和について、原子力安全・保安院と協議を開始。松本氏は「線量は上がれば上がるほど、健康への影響が出るとは思っており、保安院とよく相談したい」と述べた。保安院の西山英彦審議官は「現実的な解決策を考えるべきで、厚労省とよく協議している」とした。
 一方、細川律夫厚労相は二十八日、閣議後の記者会見で「通常業務で年間五〇ミリシーベルト、かつ五年間で一〇〇ミリシーベルトという規則は変えない」と、東電の要望を認めない意向を示した。
 福島第一の復旧作業で一〇〇ミリシーベルトを超えた作業員について、厚労省は東電に、復旧作業期間を含む五年間は通常業務にも就かせないよう指導する方針。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011042902000054.html

本当にひどい。

みなさんアンカーはご覧になれたでしょうか。あれで一気に吉田所長の存在がクローズアップされ、東電と現場との意見の相違など、とり立たされるようになっています。

確かに今の現場の作業員の方々の今後を考えると、その後の職の問題もあるでしょう。

でも、命を削って作業してくれている方々に対して、それでもまだ「働け」というのですか・・・。
福島での作業を別枠にしたって、その人の生涯被爆量はなくならない。
胸が痛いです。

2-3日更新できなくなります。

失礼します。