「脱原発」の国民投票を呼びかけ 札幌の弁護士ら 
2011年4月22日10時49分 朝日新聞社
札幌弁護士会の市川守弘弁護士らが呼びかけ人になり、「脱原発の国民投票をめざす請願運動」を始めた。原発の増設・新設の禁止や、既存原発の段階的廃止についての国民投票実施を国会に求めていく。
環境問題や自然保護に取り組んできた市川氏らは、今回の福島第一原発の事故で原発の「安全神話」が崩れたとして、「国内には浜岡原発をはじめ多くの原発が地震と津波の危険にさらされている」と指摘。
「国民が原発について十分に討議し、意思表示してこなかったことが、今回の事故原因の一端になっているのでは」と問いかけている。
 市川氏らの案では投票権者は18歳以上の日本国民とし、投票期日は、福島第一原発のすべての原子炉が冷温停止状態に入った後、なるべく早い期日としている。
 請願署名の連絡・問い合わせ先は東京都文京区大塚5の6の15の401、保田・河内法律事務所内、脱原発の国民投票をめざす会(03・5978・3784)へ。
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104220132.html

いやはや、嬉しいニュースです。しばらくバタバタいていて、落ち着いて精査する時間がなかったのですが、ようやくベースへ帰還できました。

この弁護士の方について、もう少し私なりに調べる必要があるかなとは思っていますが、いい傾向であることは間違いありません。

今夜、私の陳述書(請願書になるかもしれませんが)を完成させる予定です。明日からは、時間の許す限り賛同してくれる人の署名を集めに動こうかと思います。

また、本日某衆議院議員の方から以前意見した内容について、とても丁寧なご返事を頂戴しました。こうやって声を届けるだけではなく、その回答がもらえるということはとても有意義なことと思います。投げっぱなしではいけないですから。
その「以前意見した内容」というのは、4月20日の記事の母乳からヨウ素131が検出
で首相官邸へ送った内容と同じだったと思います。せっかくご丁寧にご返事をいただいたので、一歩踏み込んで、私の陳述書のドラフトをご提案させていただきました。どうなるかはわかりませんが、とにかく伝えたいことは伝えます。

今日はじっくり取り組みます。
また完成したらUPしようと思います。

ぼちぼちは当分必要ないね。