母乳から微量の放射性物質=市民団体が検査―福島 
(時事通信)4月20日(水)19時50分配信
福島第1原発事故で水道水や農作物から放射性物質が検出された問題を受け、市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」(村上喜久子代表)は20日、福島市内で記者会見し、福島など4県の女性9人の母乳検査で、茨城、千葉両県の4人から1キロ当たり最大36.3ベクレルの放射性ヨウ素131が検出されたと発表した。
 厚生労働省は水道水の放射性ヨウ素が同100ベクレルを超える場合、粉ミルクなどに入れて乳児に摂取させないよう求めているが、母乳については明確な基準はなく、村上代表は「今回の数字が高いとも低いとも判断できない」としている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110420-00000133-jij-soci

母乳から微量の放射性物質 
(共同通信)2011年4月20日(水)21時23分配信
市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」は20日、独自に母乳を民間放射線測定会社に送り分析した結果、千葉県内居住の女性の母乳から1キログラム当たり36・3ベクレルの微量の放射性ヨウ素を検出したと明らかにした。放射性セシウムは検出されなかった。厚生労働省によると、原子力安全委員会は母乳に含まれる放射線量について安全基準の指標を示していない。今回検出された数値は水道水に関する乳児の摂取基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を下回っている。ネットワークの村上喜久子代表は「安全性について判断はまだできないが、母乳は赤ちゃんが口にする。国は早急に広範囲な調査を実施してもらいたい」と訴えている。検査した母乳は生活協同組合などを通じて呼び掛け、千葉のほか、宮城、福島、茨城県内の女性9人から提供を受けた。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2011042001001059/1.htm


とうとう始まってしまった。
あれほど、妊婦には被爆に注意せよとチェルノブイリの経験からも言われていたのに、それを生かすことができなかったのか。

まだ間にあう。

「首相、明日21日に20km圏内の警戒区域の説明に向かうのであれば、お願いですから、子育て世代以降の若い子たちも、避難させてください。このままでは、本当に悲しい歴史の繰り返しになってしまう。

首相、お願いです。」

同様の内容を首相官邸へメールしました。

こんなことしかできない自分の無力さに、苛立ちが倍増してしまう。

ぼちぼち?絶対無理だね。