先のブログでも紹介したが、斉藤和義さんは、本物である。
私は、今後どんなことがあっても、彼を支持しつづけると思う。

彼のやったことは社会人としては、許されないのかもしれない。
けれど、彼は社会人である前に、一人の人間として、この反原発ソングを発表したのだと思う。

彼を尊敬して止まない。
実は先ほど紹介した英訳は、基本的に私が翻訳しました。素人ですので、誤訳やスペルミス等ありますが、充分人に伝わる内容だと思っています。訳文のみ以下記載します。



Song and Lyrics : Kazuyoshi Saito
"You have been telling a lie"

When we walk around this country,
we can find 54 Nuke power plants

My text book and CM always told me,
"It's SAFE"

You have been telling a lie,
then your excuse is just "UNEXPECTED"
I remember the clear sky,
but now, it turns black rain

You've been telling a lie,
it was exposed after all, I know
Yeah, it was a lie, "Nuke is completely safe"
You've been telling a lie,
I just wanna eat such a delicious spinach once again.

Yeah, it was a lie,
You should have noticed this ball game

We can't stop the contaminated wind anymore
Do you accept if you find it about how many people would be exposed by the radiation?
How do you think? I'm asking you, Jap Gov.


When you leave this town,
Coudl you find delicious water?
Tell me, whatever, there's no way to hide

They are all suck, Tepco, Hepco, Chuden and Kanden
We never dream a dream anymore
But they are all suck
They still keep going
They are truely suck
I wanna take action, how could I handle this feeling?

They are telling a lie.... 
We are all suck....

            (恐縮ですが転載自由とさせていただきます。)

私たちの絶望がとてもよく反映された歌詞になっていると思います。

でも、ここから一歩先へ進み、suck達のお尻を叩かなければ。ただ絶望しているだけでは、何も変わらない。

できることから、少しづつやろう。

斉藤さんの意思を受け継いで・・・!

今回はこの辺で。


ぼちぼちやってるわけにはいかない。