ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

2011年11月

11月18日 政府:避難者数をようやく公表:7万人→33万人に・・・。

※この記事は、
7月27日 【資料UP】児玉龍彦氏:7万人が彷徨っているときに国会は何をやっているのか!@衆議院厚生労働委員会に関連しています。

東日本大震災:避難者33万人に…仮設入居者など合算
毎日新聞 2011年11月18日 20時01分
 政府は18日、東日本大震災による全国の避難者数が約33万人に上ると明らかにした。これまでの政府発表では7万1565人(2日現在)とされていたが、避難所や親戚・知人宅、他県の公営・仮設住宅などに避難している被災者の合計で、岩手、宮城、福島3県の公営・仮設住宅の入居者数は把握が遅れ、入居戸数の発表にとどまっていた。3県の入居者数が計25万6989人と判明し、平野達男復興担当相が18日の衆院本会議で公表した。
 政府の復興対策本部によると、県別の入居者数は
  ▽岩手県4万3406人(10月28日現在)
  ▽宮城県12万1519人(11月1日現在)
  ▽福島県9万2064人(11月7日現在)
。対策本部が正式に発表している集計は2日現在が最新で、仮設入居者数をくわえた正確な避難者数はまだまとまっていない。【中井正裕】
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111119k0000m040031000c.html

ですよね。
7万人で済むわけがないですよね・・・。

把握に時間がかかったとはいえ、今回の震災が途方もない被害を引き起こしていること、決して忘れてはいけないと思います。その意味で、『7万人』という印象が残って、今になって33万人と発表して・・・。
どのくらいの方がこの記事を見るでしょうか・・・?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村



11月18日 水戸の子供たちを放射能から守る会:市長にウクライナと同じ給食規制、40ベクレルを求める

※この記事は、5月30日UP 日本の暫定基準値がいかに異常か【暫定基準値を信じるか】に関連しています。

【茨城】「ウクライナ基準を」 水戸の「守る会」給食食材で市長に要望
東京新聞 2011年11月18日
 水戸市内の母親グループ「水戸の子どもたちを放射能から守る会」が17日、同市の高橋靖市長を訪ね、放射能対策を求める要望書を約1000人の署名とともに提出した。給食用食材の放射性物質規制値では、市が独自に設ける1キロ当たり200ベクレルより、さらに厳しいウクライナと同じ同40ベクレルを求めている
 また、放射線測定地点の増設、放射線測定器の貸し出し、放射能対策専門窓口の設置などを要望した。同会は要望趣旨で「子どもたちの健康のために行政による具体的な対策を求める」と訴えている。 (永山陽平)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20111118/CK2011111802000060.html

ここもお母さんが頑張っています。
ご自身のお子さんを守りたいのは当たり前ですが、こうやって動くことによって多くの子供たちを同時に守ることができるかもしれません。

ちょっと寂しいのは、母親グループとなっているため、お父さんやそのほかのお子さんが居ない方が、こういった活動に参加できないんだろうなというところです・・・。
親御さんたちだけでなく、一人の大人として動くときに、大きなうねりにしていくには連携していきたいところ。

認識がそれぞれ違うので、同じグループとして動きにくいのかもしれませんが・・・。

Bochibochiは、なんとか署名という形で参加させていただきます!

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

11月18日 農水相:「来年に向けて検査のあり方を見直し検討する」

※この記事は、
11月17日 小出氏:大波地区のお米の汚染、環境省:100Bq以下なら放射性廃棄物は安全、西日本の汚染と調理で防げる汚染は?など@たねまき
10月18日 お米の暫定基準値:郡山市・二本松市の取り組み【500Bq/kgの意味】
10月11日‐13日 千葉県のシイタケ、福島の米、埼玉のお茶の汚染状況と震災倒産373【帝国DBは少なくとも2500社の倒産と分析】・・・
8月25日【動画あり】肉牛出荷停止解除、会津の早場米は不検出、問われる日本の食の基準【パブリックコメント締め切り間近】などに関連しています。

コメ検査態勢の見直しを表明 出荷停止で農相
2011/11/18 12:46   【共同通信】
 鹿野道彦農相は18日の閣議後会見で、福島市大波地区で収穫されたコメの出荷停止を受け「こういう結果が出たことは残念だ。来年に向けて検査のあり方を見直す」との考えを示した
 また農相は「大波地区と同じような地形のところは、きちんと検査する必要性があるのではないか」とも指摘。厚生労働省や福島県と相談しながら具体的な見直し点を検討していくという。続きを読む

11月18日 政府:来年3月までに警戒区域を【解除準備区域】【居住制限区域】【長期居住困難区域】などに設定へ・・・

※この記事は、11月14日 厚労省:作業員の被ばく線量、ステップ2達成後に引き下げへ・・・に関連しています。

政府、放射線量ごとに新たな区分 半径20キロの原発警戒区域
2011/11/18 20:52   【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故で設定された半径20キロ圏の警戒区域などについて、政府が、原子炉を冷温停止状態にする収束作業の「ステップ2」完了後、放射線量に応じて「解除準備区域」や「居住制限区域」、「長期居住困難区域」といった新たな区分に変更し、比較的線量が低い地域を優先して、従来の区域の解除を進める方針であることが18日、分かった
 ステップ2完了時に、こうした考え方を示す。インフラ復旧のための大規模な調査を行い、解除に向けた具体的な手続きに入る。
 政府関係者によると、新たな区域の設定は来年3月末ごろまでに実施する方向で検討している。
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111801001145.html

これもステップ2完了後ですか。
いったいどのような基準で設定するのでしょうか。

今のままでは、とてもではないですが子供たちを帰してよいという体制ではありません。
ある種、大人が戻るのは本人の判断もあるし、ある程度納得されての行動になると思います。

しかし子供は違います。
ちゃんと設定してくれるでしょうか・・・?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

11月17日 【動画・内容起こし】上原春男氏記者会見『プラントの状況はワケわからん』@自由報道協会【その②】

※この記事は、11月17日 【動画・内容起こし】上原春男氏記者会見『プラントの状況はワケわからん』@自由報道協会【その①】の続きです。

(田中氏)
 フリーランスの田中龍作と申します。
 もう格納容器が破損してて、そこから核燃料、ぐちゃぐちゃになった燃料棒が下に落ちてると言われていますよね。落ちた先は、建屋の今たまり水があるとこじゃないですか。
 建屋っていうのは、東電の技師も認めたんだけど、完全な遮蔽物じゃないから、もう下にずぼずぼいってることがほぼ落ちてればいくわけですよ。破れてね。つまり地下にもぐってるわけですよ。
 でも、これチャイナシンドロームになってるってことおも、チャイナシンドロームの仮定入ってると、僕はそう思うんですけど、先生はどう思われますか?

(上原氏)
 私はね、ずっと今までの時間的な経緯から言ったら、そうならざるを得ないと、実は思ってるんですよ。
 ということは、どこにあるかわからないわけでしょ?
 冷やすべきものがどこにあるかわからないわけですから、どこを冷やしてるのかな?
 そうすると、これは本当に大変なことが起こります。

続きを読む

11月17日 【動画・内容起こし】上原春男氏記者会見『プラントの状況はワケわからん』@自由報道協会【その①】

※この記事は、
6月15日上原先生記者会見@自由報道協会
8月23日 【起こし追記】民主党・原口議員:『ICが3回止められていた』『東海第二、主蒸気逃し安全弁で減圧!?』@ニュースの深層【その①】
11月17日 東電:工程表改定【毎時0.6億ベクレル放出[推定]、『冷温停止』に向けて・・・?】

11月17日 【動画あり】自由すぎる報道座談会9【グリーンピースの測定結果など・・・】に関連しています。

Bochibochiも常々思っていること、やっぱり専門家の方から聞くと納得できます・・・。

どうぞ。

【動画】
11月17日 上原春男氏記者会見@自由報道協会
http://www.ustream.tv/recorded/18567285 (65:03)
福島第一原発3号機設計者 上​原春男氏 記者会見 主催:自​由報道協会
本会見の主要テーマは「福島第一原発について」。
 福島第1原発3号機の設計者である上原春男氏が爆発当初に提案した外付けの循環冷却装置が政府に採用されなかった件、および現在のプラント状況等についての記者会見

【以下、お時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで。】

続きを読む

11月17日 【動画あり】自由すぎる報道座談会9【グリーンピースの測定結果など・・・】

※この記事は、
10月20日 グリーンピース:大手スーパー5社で魚介類60点中34点で微量のセシウム検出
11月11-12日 【関連動画あり】政府・東電:Jヴィレッジと福島第一原発を報道陣に公開【フリー記者は招かれず!?】に関連しています。

グリーンピースが計測した大手スーパーの計測結果が話題になっています。
少し長いですが、気楽に聞いていくにはとってもいい素材だと思います。
問題提起のためにも、ご興味のなかった方に是非お勧めしたいですね・・・。

ちなみにですが、この計測は寄付金によって行われ、シルベクというグリーンピースの計測所と厚生労働省登録検査機関など、ダブルチェックで行われているようです。

【動画】
11月17日 自由すぎる報道座談会9
~魚の放射能汚染の実態を語る~」 於:ロフトプラスワン(新宿)
http://www.ustream.tv/recorded/18570118 (101:49)
http://www.ustream.tv/recorded/18571338 (87:28)続きを読む

11月18日 福島県での出産25%減、西日本では逆に増加・・・

福島の出産25%減 原発影響か
NHKニュース 11月18日 4時0分  
ことし4月から6月の3か月間の出産数は、福島県では、去年に比べ25%減少していたことが分かり、日本産婦人科医会は「原発事故の影響で離れた地域に避難して出産した人が多かったことを反映している」と分析しています。
日本産婦人科医会は産科のある病院など全国の1100施設余りを対象に、ことし4月から6月の3か月間に取り扱ったお産の件数を尋ね、714施設から回答を得ました。その結果、福島県では1施設当たりの出産数が67件で、90件だった去年に比べ25%減少していたことが分かりました県全体に換算すると3か月間で1000件の出産が減った計算になるということです。さらに、東京都と千葉県、それに神奈川県でも合わせて2000件の出産が減ったと推計される一方、福岡県や岐阜県、大阪府など西日本では逆に増加していました。これについて調査を担当した日本医科大学の中井章人教授は「原発事故による放射線の影響を心配し、離れた地域に避難して出産した人が多かったことを反映している。放射線の影響への不安に加え、住み慣れた地域を離れての出産には精神的な負担も大きいと考えられるので、避難して出産する妊婦への支援策を検討する必要がある」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111118/k10014039841000.html

逆に考えますと、75%の方々は福島で出産されているんですね・・・。

親御さんの認識如何で、その子の負うリスクが決定されてしまいます・・・。
これ以上のコメントは控えさせていただきます。

・・・失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

11月17日 東電:工程表改定【毎時0.6億ベクレル放出[推定]、『冷温停止』に向けて・・・?】

※この記事は、
10月15日‐17日 東電:山積みのタイベックス、年内の冷温停止!?、再度の炉心損傷確率は5000年に1回と試算・・・
11月14日 厚労省:作業員の被ばく線量、ステップ2達成後に引き下げへ・・・に関連しています。

中期的安定確認でステップ2終了 細野原発事故担当相
2011/11/17 19:05   【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故の収束に向けた工程表の「ステップ2」開始から4カ月が過ぎた17日、細野豪志原発事故担当相は記者会見で、「燃料は安定的に冷却できている。中期的安定に向け、適切な対策が取られているか確認できた時点でステップ2終了になる」と述べ、目標とする年内終了は可能と強調した。
 政府・東電統合対策室は、1~3号機から依然、毎時0・6億ベクレルの放射性物質が放出され、原発の敷地境界での被ばくは年間約0・1ミリシーベルトとの分析結果を示した。1カ月前の40%減で、原子炉の冷温停止状態の判断条件の一つである年間1ミリシーベルトを下回る。
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111701000912.html

「福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋」の進捗状況(11月17日)について

                              平成23年11月17日
                             東京電力株式会社

続きを読む

11月17日 小出氏:大波地区のお米の汚染、環境省:100Bq以下なら放射性廃棄物は安全、西日本の汚染と調理で防げる汚染は?など@たねまき

※この記事は、
11月16日 福島県大波地区のコメから630ベクレル検出【抜け穴だらけの検査体制】
11月15日 IAEA専門家T:放射性廃棄物や計画的避難区域などに関する最終報告書を政府に提出・・・【都会部の廃棄物は放射線量低い!?】

11月14日 USRA研究T「北海道・岐阜・中国・四国地方にも汚染の可能性」、名古屋大研究T「全体的に西日本の汚染は少ない」
10月18日 お米の暫定基準値:郡山市・二本松市の取り組み【500Bq/kgの意味】
10月11日‐13日 千葉県のシイタケ、福島の米、埼玉のお茶の汚染状況と震災倒産373【帝国DBは少なくとも2500社の倒産と分析】・・・
8月25日【動画あり】肉牛出荷停止解除、会津の早場米は不検出、問われる日本の食の基準【パブリックコメント締め切り間近】などに関連しています。

どうぞ・・・。

20111117 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://www.youtube.com/user/tacc77#p/a/u/0/_LN5rZEouNE

【以下、お時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む

11月17日 【内容起こし】IWJ百人百話 第9話 有馬克子さん

※この記事は、11月16日 【内容起こし】IWJ百人百話 第8話 島村守彦さんの続きです。

11月17日 百人百話 第九話「有馬克子」
http://www.ustream.tv/recorded/18571009 (27:55)

【以下、お時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】
2011年9月1日収録
 私は郡山市で生まれ、現在52歳。須賀川市に住んでおります。
 有馬克子といいます。
 家族は、子供が5人、それからおじいちゃんとおばあちゃん、夫と、実の私の母親と10人家族です。
 仕事は穀物菜食レストランの銀河のほとりという小さなお店をやっております。
 生まれも育ちも福島県で、途中一年だけ京都に住んだことがあります。
Q.3.11はどこで?
 地震が起きる午前中に、ちょうどお店を新しくして引っ越ししてたんですが、そのお店の建築の最終的な許可が下りたので、その報告をしに亡くなった父親のお墓に参っていました。
 娘たちとお墓参りをしてる最中に、グラグラ揺れだして、びっくりするほど地震が長くて、目の前で墓石が次々落ちていくのを見ました。

続きを読む

11月16日 福島県大波地区のコメから630ベクレル検出【抜け穴だらけの検査体制】

※この記事は、9月23日 福島県二本松市:土壌3000ベクレルの土壌から500ベクレルの米を検出・・・【移行係数0.1の信ぴょう性】に関連しています。

放射性セシウム:福島市のコメから規制値超630ベクレル
毎日新聞 2011年11月16日 21時58分(最終更新 11月16日 23時49分)
 ◇政府が出荷停止検討
 福島県は16日、福島市大波地区産のコシヒカリ(玄米)から国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウム630ベクレルを検出したと発表した。コメの暫定規制値超過は全国で初めて。政府は同地区のコメを出荷停止にする検討を始めた。【清水勝、佐々木洋】
 県は同日、大波地区の稲作農家154戸に出荷自粛を要請。厚生労働省は県に対し、同地区や周辺で収穫したコメのサンプル検査の強化と、既に流通したコメの追跡調査を要請した。

続きを読む

11月16日 内閣府「2㎝削れば大部分除染可能」、陸上自衛隊が警戒区域の3庁舎を除染へ

※この記事は、
11月15日 IAEA専門家T:放射性廃棄物や計画的避難区域などに関する最終報告書を政府に提出・・・【都会部の廃棄物は放射線量低い!?】
11月11日 文科省:東日本のセシウム汚染地図公表、環境省:除染ボランティアを募集・・・。
11月11日 政府:除染の基本方針を閣議決定【2013年8月末に一般人の被曝線量を半減、子供は60%減】
11月7日 小出氏:臨界と自発核分裂の判断基準変更と福島のチェルノブイリ調査団から見えた除染の限界@たねまき
10月17日 環境省:除染基本方針についてパブリックコメント募集開始(10月26日締切)【是非提出しましょう!】などに関連しています。

放射性セシウム:内閣府「2センチまで削れば大部分除去」
毎日新聞 2011年11月16日 21時22分(最終更新 11月16日 22時05分)
 東京電力福島第1原発事故による放射能汚染を調べている内閣府原子力被災者生活支援チームは16日、土壌や森林、建物、河川などへの放射性セシウムの蓄積や線量の詳細結果を発表した。地表から深さ2センチ以内にセシウムの大半が含まれており、内閣府は「2センチまで削れば大部分を除去できる」としている
 土壌の調査は7~9月、警戒区域(原発から半径20キロ圏内)の福島県富岡町と、同区域と一部が計画的避難区域にある浪江町で実施。学校や庭、公園、田など地面が比較的固い場所では、セシウムの80~97%が地表から深さ2センチ以内にあった。森林や果樹園など軟らかい場所では地下に浸透しやすい傾向があったが、落ち葉を含む深さ2センチ以内に68~88%が存在していた

続きを読む

11月15日 環境省:福島県内の河川や湖などの汚染状況を公開【太田川底で6万ベクレル・・・】

※この記事は、6月3日環境省:福島県の川底からセシウムMax. 3万ベクレルに関連しています。

川底の土壌から最高6万ベクレル 福島の河川放射性物質調査
2011/11/15 21:46   【共同通信】
 環境省は15日、福島県内の河川や湖、ダムなど計193地点について、底の土壌に含まれる放射性物質濃度の調査結果を発表。東電福島第1原発事故の緊急時避難準備区域に指定されていた南相馬市を流れる太田川の1地点の川底で1キログラム当たり最高6万ベクレルの放射性セシウムが検出されるなど、ほぼすべての地点で放射性セシウムが検出された
 併せて実施した水質調査は、警戒区域内のダムで水1リットル当たり最高27ベクレルを検出するなどしたが、ほとんどの地点で不検出だった。環境省は「泥や砂の粒子に吸着した放射性物質が沈殿し、土壌の濃度が高くなっている」と分析
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111501000954.html

【環境省HPより】
福島県内の公共用水域における放射性物質モニタリングの測定結果について
11月15日 環境省川底測定結果

http://www.env.go.jp/jishin/monitoring/result_pw111116.pdf
6万ベクレル・・・。
以前検出されたのは、南相馬市の新田川・木戸内橋の放射性物質の濃度が、セシウム134・137合わせて約3万ベクレルでした。

川底はどこまできれいにできるでしょうか。

どうしたらもとに戻せるでしょうか・・・?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

11月16日 気象庁気象研究所:放射性物質は約10日で地球を一周、内半分以上は海洋へ・・・

※この記事は、
10月31日 小出氏:フランスとノルウェーと東京海洋大の放射性物質放出量の試算、政府の放射性廃棄物の処理方針@たねまき
10月28日 ノルウェー研究チーム:4月20日までのセシウム137の総放出量を約3万6千テラBqと試算
10月12日 北大・小城教授「放射性物質は海の生態系に絶望的な影響を与える」原発事故による海洋汚染・・・
9月14日 気象研究所・電力中央研究所:5月までの海洋放出セシウム137の総量、1万3500テラBqと試算【世界に広がる海洋汚染】
6月22日 九大・東大:放射性物質がジェット気流に乗って欧州へなどに関連しています。

放射性物質、海に半分以上 約10日で地球一周、気象研
2011/11/16 20:19   【共同通信】
11月16日 気象研 田中氏 放射性物質シミュレーション 東京電力福島第1原発事故で大気中に放出された放射性物質は太平洋を横断して約10日でほぼ地球を一周し、その結果として半分以上が海洋に落下したとするシミュレーション結果を、気象庁気象研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが16日までにまとめた。
 放射性物質のうち、特に放射性セシウムは4月までに70~80%が海に落ち、陸地に降ったセシウムは3割程度と推定されるという。
 チームの田中泰宙・気象研主任研究官は「福島原発は日本の東の端にあり、3~4月は偏西風で運ばれるため陸地に落ちる量は少なめで済んだ。しかし海洋はその分、汚染されたはずだ」としている。
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111601000947.html

今回の事故で多くの研究チームで言われているのは、3割が陸地に落ちて、残り7割はすべて海洋に落ちたとされています。
これをどう見るのか。

生物濃縮は着々と進んでいくと思います。

出してしまった放射性物質、とくにセシウム137は、消えるわけではないのですから。
ストロンチウムやプルトニウムも非常に気になります。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

11月16日 東電:2,3号機の事故時運転作業手順書公開と3号機北側の1.3シーベルト

※この記事は、
10月26日 【動画・内容起こし】福島第一原発設計技師(田中三彦氏、渡辺敦雄氏、後藤政志氏):地震の揺れで機能喪失を指摘【その①】
9月12日 【文字起こしUP】後藤政志氏解説「東電黒塗り文書について」@CNIC
8月2日 【各資料UP】東電:10Sv以上は2箇所、1号機原子炉建屋で5Sv・・・【東電の姿勢】などに関連しています。


福島2、3号機の手順書公開 長時間無電源に対応不能
2011/11/16 22:11   【共同通信】
 経済産業省原子力安全・保安院は16日、東京電力福島第1原発2号機と3号機の事故時運転操作手順書を公開した。10月の1号機に続き、個人名を除いて黒塗りの部分はほとんどなかった。
 公開したのは、原子炉停止や全電源喪失時の対応など今回の事故に直接関係する部分で、全体の約1割。手順書と実際の対応を比較した東電の資料も公開した。
 1号機と同様に、長期間の電源喪失を想定せず、今回のような事故には対応できない内容。保安院は「今後の事故調査の中で、専門家の意見も聞きながら分析する」としている。
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111601001066.html

福島第1原発:3号機北東側で1300ミリシーベルト
毎日新聞 2011年11月16日 20時38分続きを読む

11月16日 【内容起こし】IWJ百人百話 第8話 島村守彦さん

※この記事は、11月15日 【内容起こし】IWJ百人百話 第7話 鹿目久美さん【その②】の続きです。

【動画】
11月16日 百人百話 第八話 島村守彦さん
http://www.ustream.tv/recorded/18552285 (47:36)

【以下、お時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】
2011年9月28日収録
Q.自己紹介をお願いします。
 島村守彦といいます。生まれは大阪生まれです。それから兵庫県に移りまして、今年齢は、昭和33年生まれ、53になります。
 この福島に来て、福島というか、いわきに来まして、こっちには移住してきました。もともとは転勤族のサラリーマンをしてまして、日本全国をグルグル回るような仕事をしてたんですけど、縁があって福島のいわきに来て、この地が好きになって移住しました。
 家族は私、実は独り者です。こちらに私が来てしまったので、兵庫にいる母親がこちらのほうについてきちゃったという形で、今は母親と二人でこちらに住んでいます。
 仕事は、東北電力がよくやってる、各電力さんがよくやってるオール電化の仕事をずっとやってきてました。
 今はその流れで、太陽光発電、風力発電、そういう自然エネルギーのことをメインにやってます。

続きを読む

11月15日 IAEA専門家T:放射性廃棄物や計画的避難区域などに関する最終報告書を政府に提出・・・【都会部の廃棄物は放射線量低い!?】

※この記事は、
10月14日 【除染】IAEA専門家T:環境相に報告書提出「最終処分場の確保必要」一方で「過度に慎重になる必要なし」「年間1mSv以上の除染基準、非常に野心的だが問題ない」
10月11日 IAEA:除染による放射性廃棄物「十分手厚く行われていた」「除染の実証実験は非常に有益な取り組み」
10月9日 IAEA除染チームが福島入り・・・
9月18日 WHO:原発の人体影響を担当した放射線健康局を09年に廃止していた【WHOとIAEAの力関係】@毎日新聞
9月18日 日本経済新聞【社説】:「IAEA行動計画を見る限り、力不足は否めない」
9月14日 国連:「想定が甘すぎた」と指摘、IAEAは放射線観測システム構築を提言・・・。
9月12日 政府・原子力災害対策本部:IAEAに追加報告書提出・・・などに関連しています。

福島第1原発:IAEAチームが最終報告書を提出
 毎日新聞 2011年11月16日 0時39分
 東京電力福島第1原発事故で、日本の除染計画を支援するため10月に来日した国際原子力機関(IAEA)の専門家チームが15日、放射性廃棄物の最終処分施設の確保や、計画的避難区域の位置を示す標識の設置などの必要性を指摘する最終報告書を日本政府に提出した
 報告書は一方、都市部の放射性廃棄物の大部分は放射線量が非常に低く、中間貯蔵をしなくてもよい可能性があると指摘。既存の産業廃棄物処理施設の活用を促した。森林の除染で高い効果が期待できない場合は、より効果的な場所に力を注ぐべきだとした続きを読む

11月15日 民間事故調査委員会が発足【情報提供を呼びかけ】

※この記事は、
10月31日 国会設置の事故調査委員会:人選に与野党30人が参加へ【人選がすべて】
9月29日 衆院本会議:国会承認の「事故調査委員会」法案を全会一致で可決【「事故調査・検証委員会」より権限は上】
9月24日 事故調査・検証委員会が海外専門家の参加要請へ【10月中にも決定・公表へ】などに関連しています。

福島第1原発:民間事故調が発足 来年3月までに報告書
毎日新聞 2011年11月15日 23時04分
 東京電力福島第1原発事故について民間の立場で問題点を調べる「福島原発事故独立検証委員会」が発足し、委員長の前科学技術振興機構理事長の北沢宏一・東京大名誉教授と、委員会を設立した財団法人理事長の船橋洋一・元朝日新聞主筆が15日、東京都内の日本記者クラブで会見した。財団法人はこの委員会発足のため9月に設立され、複数の民間企業が出資している。来年3月までに報告書を公表、夏には英語版も出版する。船橋氏は狙いについて「原子力ムラという言葉で何でも説明できる気になるが、それでは(経済産業省の)保安院や原子力安全委員会などが、どのケースでどうチェックしたのか説明できない。誰の判断で決定されたのか一つ一つ検証していく」と話した。市民参加型の検証を目指すとしてウェブサイト(http://rebuildjpn.org/fukushima/infobox)で情報提供を呼びかけている。
http://www.mainichi.jp/select/jiken/news/20111116k0000m040120000c.html

【福島原発事故独立検証委員会HPより】(一部抽出)
民間事故調 - 福島原発事故に関わる情報提供のお願い
  あなたも福島原発事故の検証プロジェクトに参加しませんか?
  「この原発事故はいったい何だったのか」
  「なぜこんな事故が起こってしまったのか」
  「どうすれば、被害を最小限に食い止めることができたのか」

続きを読む

11月15日 関西電力:稼働中の原発4基を法定期限ぎりぎりまで稼働へ・・・

※この記事は、
11月1日 政府のエネルギー・環境会議:関電10%、九電5%の節電要請、来夏は9.2%の不足と予想
10月26日 関電:大飯原発のストレステスト提出、京都府の様子と今冬の節電10%で調整へ
10月14日 関電:12月第4週には8.7%の電力不足を試算、原発再稼働なければ節電要請へ
6月14日 関西電力と北陸電力の節電要請対応などに関連しています。

関西電力:原発4基を法定期限ぎりぎりまで運転
毎日新聞 2011年11月15日 20時48分(最終更新 11月16日 0時45分)
 関西電力は15日、稼働中の原発4基について、定期検査(定検)開始を延期し、電気事業法で定められた期限日まで運転を継続すると発表した。法定期限は前回の定検から13カ月で、ぎりぎりまでの運転は珍しい。冬場の電力需給が逼迫(ひっぱく)するなか、少しでも電力供給量を上乗せするのが狙い
 関電の原発は福井県内に11基あり、稼働中の4基以外は定検で停止している
 関電によると、18日に高浜2号機を停止して定検に入る予定だったが、25日まで運転を延長する。美浜2号機は29日の予定を来月18日に変更。大飯2号機は来月16日、高浜3号機も2月20日まで運転する。関電全体の12月の平均供給力は2563万キロワットを見込んでいたが、これにより約25万キロワットが上乗せされる。続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ