ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

5月20日 枝野氏:SPEEDIが3月12日に首相官邸へ・・・!? 【続報】

SPEEDIが3月12日に首相官邸へ・・・!?の続報です

官邸に届いた放射性物質データ、首相には伝わらず
日本経済新聞 2011/5/20 20:43
 枝野幸男官房長官は20日の記者会見で、福島第1原発事故による放射性物質の拡散予測を示すデータが、東日本大震災発生翌日の3月12日未明に首相官邸に届いたにもかかわらず、菅直人首相や枝野氏、危機管理監らに報告されていなかったと明らかにした。
 枝野氏によると、放射性物質の飛散状況を予測する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)のデータは、12日午後1時35分ころ経済産業省原子力安全・保安院から官邸内の危機管理センターにファクスで届いた。しかし、そこから同センター内で首相らが指揮をとる部屋には伝わらなかったという。
 枝野氏は「その時点で報告があれば、避難指示にあたっての参考になっていた。大変遺憾だ」と述べた。「結果的に重要な情報でないと判断したとしか考えられない」とも語った。
 枝野氏は近く立ち上げる原発事故検証委員会で検証するテーマになるとの認識も示した。首相は官邸がデータを受け取った後の12日早朝に自衛隊ヘリで福島第1原発を視察している。
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E0E2E2E08B8DE0E2E2E7E0E2E3E38297EAE2E2E2


責任の擦り付け合いが始まっていますね。

「データはFAXされていたのに、本部までは届かなかったから、俺たち残念」ってどんな政府でしょうね。

FAXを受け取った担当者のせいにするような文章も見受けられます。それも含めて政府の対応です。忘れてはいけないと思います。

このデータがなかったせいで、多くの方が無用な被爆をしたと想像すると、怒りがこみ上げてきます。この記事の内容が、真実なのかどうかは、今はわかりません。
しかし、原発をやめるにしても、続けるにしても、決してうやむやにされてはならない問題だと思います。

あなたは、この記事どう読みましたか・・・?


失礼します。

5月19日 斑目委員長:原子力安全委員会がようやく否を認める。

原発安全指針に長期電源喪失を追加 原子力安全委、誤り認め見直しへ
(中日新聞)2011年5月19日 23時30分

 東京電力福島第1原発の事故を受け、原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は19日の記者会見で、原発の設計の妥当性を判断する基準となる安全設計審査指針で、全電源を長期間、失うことを想定していなかったことを「明らかに間違っていた」と述べ、改定する方針を明らかにした。全電源喪失を想定に追加する。地震に対する安全性を判断する耐震設計審査指針も見直しが必要か議論する。
 安全設計指針の改定は2001年の改定以来10年ぶりとなる。現指針は「長期間にわたる全電源喪失は送電線の復旧、非常用発電機の修復が期待できるので考慮する必要はない」と明記している。班目委員長は「想定を上回る津波が来ても多重防護により安全を確保したい」と述べた。
 原発事故では、受電用の鉄塔が倒れるなどして外部からの電気が10日間途絶えた。1~4号機では非常用ディーゼル発電機も津波で使えなくなり、炉心や使用済み核燃料プールが冷却できず、放射性物質の大量放出につながった。
 耐震指針は06年に改定されたばかりで、既存の原発がこの指針を満たしているかの審査が続いている。
 東日本大震災では福島第1原発に加え、東北電力女川(宮城県)、日本原子力発電東海第2(茨城県)の両原発で、耐震指針による想定を超す揺れを観測。女川、東海第2では最大1割、福島第1原発の2、3、5号機では最大3割超過していた。
 委員会事務局によると、原発の安全性にかかわる指針は約60あり、両指針以外も見直しの対象になる見込み
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011051990223828.html

・・・ようやくです。

ようやく原子力安全委員会が長期電源喪失の指針に誤りがあったことを認めました。

これを日本に現存する全ての原発に適用するためには、全機停止しなければいけないでしょう。非常用(予備)電源を設置する高さや防波堤、強いては、原発を建設する場所そのものも見直さなければ、これは実現できないと思います。

まず、稼働中の原発を止めるための第一歩。

まだまだ道のりは長いですが、これからです。


失礼します。

5月19日 SPEEDIが3月12日に首相官邸へ・・・!?

菅首相視察前、官邸に予測図=放射性物質の流れ確認? 
時事通信 5月19日(木)22時16分配信

 東京電力福島第1原発事故の発生直後の3月12日未明、放射性物質が原発の海側に向かうことを示す「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI)の予測図が首相官邸に届けられていたことが19日、分かった。民主党の川内博史衆院科学技術特別委員長や政府関係者が明らかにした。
 川内氏らによると、予測図は3月12日午前1時12分、経済産業省原子力安全・保安院からファクスで送信された。第1原発1号機で格納容器の蒸気を外部に放出する「ベント」を行った場合、同3時から同6時までの間、放射性物質が全て海に向かうことを示す内容だった。
 3月12日朝に首相は第1原発を視察。SPEEDIの予測図は住民には長く公表されなかったものの、首相の視察前に放射性物質の流れを知るため利用されたのではないかとの疑念の声もある。川内氏は「首相はSPEEDIを自分のために使い、住民のためには使わなかったのではないか」と話している。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110519-00000166-jij-pol

これが本当なら・・・・。
許せないです。

3.11から既に2ヶ月以上が経過しながら、未だにSPEEDIの公表を見送った経緯がはっきりと説明されません。誰の判断で、誰の責任でこうなったのか・・・。
私達には知る権利がある。

この話がどこまで本当で、政府側がどのように反応するかを待ちたいと思います。

失礼します。

5月19日午前東電会見より2号機と3号機<追記あり>

5月18日に2号機・原子炉建屋1Fへ4名の東電作業員の方が入られた続報です。
東電の配布資料がまだ見つかっていないので、詳細はまだ書けないのですが、どうやら汚染水のみずたまりが3箇所あり、一つ大き目のものは、50mSV/hの線量があったようです。中性子は検出されなかったものの、一部建屋内に温度が高い箇所が見受けられ、湿気等もあり15分以上の作業は難しいとのコメントがありました。
東電資料が見つかり次第UPしようと思います。
<追記>東電HPにUPされていました。貼っておきます。
福島第一原子力発電所 2号機 原子炉建屋内(1階)の調査結果および線量測定結果

これから梅雨、夏に向けて一体どうするのでしょうか。


3号機については、この記事で知りました。
福島第1原発3号機にも立ち入り=爆発後初、放射線量調査―2号機、水たまり3カ所
時事通信 5月19日(木)10時14分配信

 福島第1原発事故で、東京電力は19日、同原発3号機の原子炉建屋内に18日午後、作業員2人が入ったと発表した。同建屋への人の立ち入りは同建屋が水素爆発を起こした3月14日以降、初めて。
 東電によると、目的は2号機と同じく内部の放射線量測定や状況確認など。立ち入りは18日午後4時半ごろから約10分間だったという。
 この際の計測で同建屋の床から2~3メートルの場所の空間線量は、毎時160~170ミリシーベルトを記録。作業員の被ばく線量は最大2.85ミリシーベルトだった。
 一方、18日午前に社員4人が入った2号機原子炉建屋では、1階のほぼ全域を調査し、3カ所で床面に水たまりを発見した。このうち、最高の毎時50ミリシーベルトが計測された大物搬入口付近の水たまりでは、上から水滴が落ちているのが確認された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110519-00000040-jij-soci

本日の会見で新たに3号機の原子炉建屋1Fへ2名の東電社員の方が入られたことが告げられました。
内容としては、
16:30~16:40の10分間
作業員の被爆線量は、Max2.85 mSV, Min2.08mSV
窒素充填のための配管接続箇所の確認を目的とし、バルブ付近の雰囲気線量は160mSV-170mSV
その下の床上は50mSV
写真等はとっていない

とのことでした。

その後、記者の方から「なぜ事前に3号機へ入ることの事前発表がなかったのか」と質問が上がりました。
回答としては、「現場と本社とでは3号機の件は連絡が来ていたが、広報が2号機へ意識が集中していたため、3号機の件を聞きもらしてしまった。申し訳なかった」とのことでした。
隠匿も考えられると指摘がありましたので、今回は記者の方々も追及していただけたようです。

一体どうなっているんでしょうか。
二重扉を開けることで、高濃度の放射性物質が出る危険性はあるわけですから、絶対に事前に知らせるべき内容だと私は思います。たとえ付近の住民が強制避難されていたとしてもです。私達国民に知らせる義務があります。それを「申し訳なかった」で済ませてはいけないと思います。東電内部での連絡経路をもっとクリアにし、二度とこのようなことの無いよう、強く希望します。

本件については、ここまでとします。

失礼します。

5月18日 歩いて頭を整理する。


今日はこちらは朝は曇っていましたが、午後から晴れ渡りすばらしい天気でした。

近くの川沿いを散歩するのが、ここのところお気に入りの日課です。
頭を整理するのにとてもいい時間です。今日は二時間ほど歩いてきました。

一曲ご紹介します。

祈跡 Radwimps 作詞/作曲 野田洋次郎

Today six billions of people are breathing, feeling and living
Today fifty hundreds of children are starving, fearing and dying
Would tell me why? What could I do with this?
Tell me why how could I remember this...

僕はなんだかとても悲しいよ
だって僕が笑っている隣で誰かが死んでいく
僕はなんだかとても悔しいよ
だってそれでも生きたいと思っている僕がここにいる

※生きたくても生きれねぇ奴がいるんだって
 そんなんも考えないで 生きてる気になんなって
 そうだろう? だってそうだろう?
 俺たちってただの人間って言われて終わりかもしんないけど
 人間として生きてる
 命として息してる
 「これ以上素晴らしいことはない」って分かってる
 心で分かっている
 想いで分かっている

☆今でも地球(ここ)にある忘れ形見
 いつか僕がきっと君に届けるから
 泣いている この星も僕も
 僕は君を 君は僕を愛せるはずだから
 それぞれの命が生んだ、
 一人の祈りが生んだ歌がここにある

今も

死んだ後の世界ってのを僕は本当に信じたいよ
だって今日まで 幸せを知ることなく死んだあの人
いつかどこかで会えるの?
天国で報われるの?
僕らはどこに行くの?
どこへいけばいいの?

笑うことなく 喜び合うことなく 消えた同士(とも)と再び出会う
天国ってとこで巡り合う
その時 胸張ってこう話す
「嬉しかった
 美しかった
 『幸せ』ってやつが溢れていた
 いつかまた行ってみよう
 『愛』ってやつを教えよう」

※(リピート)
☆(リピート)

流れ星が見えたら ねぇ
夢よ叶えと祈るんだ
胸が裂けそうになったら
それを君は恋と呼ぶんだ
怒りが僕達を包み込む 最後の光になるその日まで
僕は忘れはしないだろう
一度も出会うことはなくとも

君をきっと覚えている
僕はきっと覚えている
鳥も 森も 星も 月も あの子も 
優しい地球は覚えている

今でも心には忘れ形見
いつもここに ずっと胸に溢れてんだよ

笑って 抱き合ってる 君と僕とで
いつか必ず来る そんな時を待ちながら生きていこう
溢れ出さぬよう
忘れ去らぬよう
僕が消えて無くなる日が来るまで
ずっと
ずっと
ずっと

Today six billions of people are breathing, feeling  and living
Today fify hundreds of children are starving, fearing and dying.....

散歩コース
DSC04293

綺麗だったので。
DSC04297

・・・・・届くといいな。

NHK ETV特集 「ネットワ―クで作る放射能汚染地図~福島原発事故から2ヶ月~」

「ネットワークで作る放射能汚染地図」を見ることができました。

どうしても抑えきれない感情がわいた部分がありました。
赤宇木の集会所のところです。

3月28日に集会所の駐車場の線量を測りに来た木村さんが、集会所の方々にその数値を説明する箇所です。
駐車場で80μSVが計測された意味を告げます。
「通常私達が生活しているときは、0.06μSVなので、1200倍ほどの数値です。もちろん屋内にいればその数値は3分の1ほどに減りますが・・・。」
驚いた方々に対して更に、
「飯舘村の3倍の数値です。」

・・・・集会所の方々の表情が忘れられません。
泣いてもしょうがないことなのに、涙が止まりませんでした。

続きを読む

5月18日武田先生出席:衆議院文部科学委員会の動画

昨日、行われた衆議院文部科学委員会をニコ生で見ました。
武田先生が出席していたので、注目度が高かったと思います。
【参考人】
中部大学教授    武田先生
静岡県立静岡がんセンター 山口総長
福島県伊達市    仁志田市長
長崎大学名誉教授 長瀧教授

主要部分の動画がありましたので、貼らせていただきます。
衆議院文部科学委員会 武田邦彦 110518 1 (武田先生の陳述)
http://www.dailymotion.com/video/xirlxb_yyyyyyyyyy-yyyy-110518-y_news
衆議院文部科学委員会 武田邦彦 110518 2 (質問1-4)
http://www.dailymotion.com/video/xirlyq_yyyyyyyyyy-yyyy-110518-y_news
衆議院文部科学委員会 武田邦彦 110518 3 (質問4-11)
http://www.dailymotion.com/video/xirlz7_yyyyyyyyyy-yyyy-110518-y_news
衆議院文部科学委員会 武田邦彦 110518 4 (質問11-13)
http://www.dailymotion.com/video/xirm03_yyyyyyyyyy-yyyy-110518-y_news

武田先生の主張と、馳浩議員の質問がメインに編集されています。
馳議員の質問だけ記載しておきますので、たくさんの方に是非見ていただきたいと思います。
【質問事項】
1.今回の福一は、事故(災害)か事件(人災)か?→武田先生へ質問
2.事故検証は、独立機関が行うべきではないか?→武田先生へ質問
3.SPEEDIをなぜ迅速に公開しなかったのか?→武田先生へ質問
4.昨日、大塚厚生労働副大臣がジュネーブのWHOで大量の汚染を起こしてしまったことについてお詫びをされた後、長期的に健康調査を実施すると述べた。その件にからみ、この長期的健康調査はどのような基準で誰が行うのか?→山口総長へ質問
5.血液検査やがん検診は子どもから高齢者まで必要だと思うが、費用は国or東電が持つようになると思うがどうお考えか?→山口総長へ質問
6.放射線障害といえば、ガン、白血病や甲状腺をイメージするが、ホルモン作用等への影響はないか?ダイオキシン問題から考えると、世代を超えて影響が出てくるのではないか?放射能についてどのような被害を想定すればよいのか?→山口総長へ質問
7.世代を超えた影響を考えると、生殖系へ影響が出る懸念はないか?→山口総長へ質問
8.表土を剥ぐことは市長の判断だったのか?→仁志田市長へ質問
9.その判断をするにあたり、どの機関(人)の意見を参考にして決断したのか?→仁志田市長へ質問
10.この重大な決断をするにあたって、市長に任せてしまったことは政府として機能していなかったと考えることができるが、文科省へ問合せはされなかったのか?→仁志田市長へ質問
11.仁志田市長の判断は非常に妥当だと思うが、長瀧教授もそう思うか?→長瀧教授へ質問
12.放射性廃棄物の処理をどうするか今現在も決まっていない。最終的処理方法をどうすればいいのか、意見は?→武田先生へ質問
13.プールはどうするのか、クーラーを完備させる必要があると思うが意見は?→仁志田市長へ質問

本来は午前と午後で分かれて長時間討議されています。
にこにこ動画http://live.nicovideo.jp/watch/lv50261602?ref=topでプレミアム会員であれば、録画を見ることができると思います。興味のある方は是非どうぞ。

子ども達のために、みなさん、よく考えましょう。

そして、行動しましょう。


失礼します。

5月18日2号機原子炉建屋へ入った作業員と小出先生が国会へ@たねまき

夜の統合会見を見て、2号機原子炉建屋へ作業員の方々が入られたことを知りました。
Ustreamアーカイブを張らせていただきます。
http://www.ustream.tv/recorded/14783445

(00:48:00頃~)
その部分を書き起こします。

5月18日2号機原子炉建屋へ東電社員4名が入る。
9:24~9:38の14分間の作業。
14分間の被爆量=Max 4.27 mSV / Min. 3.23mSV
(ロボット計測で4.1mSV)
線量結果は、明日以降発表する。

<原子炉建屋へ入った理由>
・循環系の冷却へ移行する為、内部環境(瓦礫や湿気の状態等)をできるだけ早い段階で目視確認しておきたかった。
・当面は窒素充填が目標。
・水位計など計測器の確認もしたかった。

どうなんでしょうね・・・。
14分間で約4mSVなので、16mSV/hですよね・・・・。
最大250mSV/福一での作業ということを考えると作業可能時間は約15時間/人・・・。
単純に計算してこうなりますが、明日の線量結果如何でどうなるかはわかるでしょう。

作業員の方々の無事を祈ります。

もう一点。

小出先生が国会へ行かれるようです。
5月23日参議院行政監視委員会だそうです。
たねまきジャーナルがUPされていたので、貼っておきます。

【福島原発】5/18/水★「国会に行って言いたい事を言ってきます」 1/2

【福島原発】5/18/水★「国会に行って言いたい事を言ってきます」 2/2


注目したいと思います。


失礼します。

5月16日もうひとつの武田先生の講演「福島県の復興はきれいにすることだ」

2011-05-16武田邦彦氏講演会in福島 「福島県の復興はきれいにすることだ」
http://www.ustream.tv/recorded/14748587

この講演は先にUPした福島の講演の後に行われたものです。
どうしても見ていただきたい箇所は
01:27:00~の武田先生のコメントです。

その後、なぜ子どもの被曝を避けなければならないかを読んでください。

それが、現実です。


失礼します。

5月16日 武田先生の講演@福島「食と放射能」

Ustreamでの録画をご紹介します。
http://www.ustream.tv/recorded/14743617 (27:22)
http://www.ustream.tv/recorded/14743848 (28:49)
http://www.ustream.tv/recorded/14744053 (64:27)

内容は、やはり見ていただきたいので、細かくは解説しません。

内容を置いておいて、私が感じたことを書きます。
武田先生のキャラクターは、Bochibochiも「ほんまでっかTV」を見ているので、よく存じ上げております。ヘビーな事柄に対しても、そのスタンスを変えることなく発言されていることによって、批判もあるでしょう。

前半の1時間は武田先生が解説されています。かなりシビアなことをサラっとおっしゃっています。中盤、先生のボキャブラリーやユニークさが出てきて、会場で笑いが起こります。

その時、とても違和感がありました。
・・・なんて和やかなんでしょう。

福島の親御さんは、超越してしまって達観してるのか、それともコトの深刻さに気づいてないのか、判断に迷いました。
・・・私は、笑えない。
もし、自分が福島で子どもを育てていたとしたら、絶対に笑えない。どんなブラックジョークに対しても・・・。
だから、一瞬、福島の親御さん達に、絶句してしまいました。
その後に質問された方が、「放射能のいいところを教えてください。タバコの副流煙や放射能に対する精神的なストレスのほうが身体に悪い」などとおっしゃったことも、びっくりしました。(恐らく③の後半です。)

放射能にいいところなんて、あるわけないじゃないですか。
副流煙や、ストレスと同列に放射能を比べてどうなるっていうんですか。

少し考えれば、すぐに答えはでるはずなのに、この公の場で質問することの影響力を全く考えていない。もしかして、誰かがそれを聞いて信じてしまうかもしれない・・・。ゾッとしましたよ。
ある先生の発言をなぞった質問であることは、知っています。しかし、それが、福島の親御さんが信じるレベルで広がっているのか、と絶望してしまいました。

でも、twitterのつぶやきで、「この質問者はあやしい」と指摘されている方がたくさんいて、少しホッとすると同時に、この会場でときどき起こる笑いに対しても、少し寛容的に見ることができるようになりました。

「みんな笑いたいのかもしれない」

福島で子育てされている親御さんの精神状態を想像すると、私なんかが批判できるレベルじゃないと反省しました。武田先生のキャラクターでおっしゃるジョークに対して、笑い飛ばせる強さがあるのかもしれない。私は、まだそこまで辿り着けて居ないけれど、この2ヶ月で福島の方々はそうなってしまったのかもしれない。

私の感想をつらつらと書いてきましたが、やっぱり武田先生の発言は、影響力があるし、注目されていますから、私もできるだけチェックしたいと思います。でも時々、私も(?)と思うような発言があるため、必ず一歩引いて聞くようにしています。

結局のところ、何を信じてどう行動するかは、自分で判断するしかない状態です。

あなたも、自分の目で見て確かめて判断し、子ども達を守ってください。

今の日本はそれすら放棄している人があまりにも多すぎる・・・・。
なんとかしたい。

みんな気づいて欲しい。

自分も当事者であることに。


失礼します。

5月16日放送分 小出先生のたねまきジャーナル

【福島原発】5/16/月★東電すら事態の把握が出来ないのなら、なお深刻


できることなら東電の会見を全てみたいのですが、時間がそれを許さない場合(まぁそうでない場合もですが)、この15分ほどの放送を聴きます。
すると、その日に主な発表が見えてきます。

是非みなさんにも、毎日、たった15分、この放送を聞く時間をとってほしいと思います。

さて、内容についてですが、東電の発表するデータの信憑性について語っておられます。私は専門家ではないですし、実際こまかい話を聞いていても、恐らく60%くらいしか理解できていないと思います。しかし、専門家の方に丸投げしてしまうのではなく、できるだけ自分なりに追いかけていくようにしてきました。このデータの誤りということは、その作業全てをひっくり返すことです。現場の混乱が見えてくるようで、データの誤りの発表を聞くたびに、恐ろしくなります。
でも、一般市民の私達には、追い続けることが監視することになると信じて、これからも追いかけようと思います。
たとえ1-3号機全てがメルトダウンしていたとしても、まだ絶望するには、早いから。

最後に小出先生が触れられた亡くなった作業員への言葉で、涙がこぼれました。

私も、とうとう、作業員の方 死亡のニュースでUPさせていただいた方の話ですが、本当に小出先生の言うとおりで、私も先生のおっしゃるように感じていました。死因は心筋梗塞かもしれない。けれど、そのような体調でも過酷な現場で作業にあたっていただいていたことを思うと、胸が張り裂けそうです。

・・・日本でどのように報道されているか、私には見えません。

願わくば、一人ひとりの国民に、この方の死の意味が届きますように。
そして、本当に真剣に、この原発問題と真正面から向き合って欲しい。

心から、そう願います。

本件は、失礼します。

5月9日放送分「永遠のチェルノブイリ」<追記あり>

ちょっと私事で申し訳ありませんが(5月9日7:30追記)
http://blog.livedoor.jp/tokiko1003/archives/2666596.html#more


こちらのUPで書いていましたが、ようやく「永遠のチェルノブイリ」を見ることができました。

最初の問題提起、すばらしかったと思います。
他国の悲惨な現状を見るのではなく、今福島で起こっていることの未来として見る。それだけで、私達日本人にとっては全く違う作品になったはずです。
内容については見ていただくのが一番なので、解説は避けますが、気になった点について書きます。

終盤の絶望的な締めくくりは、言葉がないですね・・・。

「ウクライナは、2030年までに22基の新たな原子力発電所を建設予定」
「原子力発電によって生産された電力をヨーロッパへ輸出するため」

・・・本当に絶望的です。
あれだけの事故を起こし、計りきれない代償を払っておいて、まだ原発と生きる道を選んでいる。
貧しさに負ける。」
そういうことなんでしょうね。
悲しすぎます。

日本もこのままでは同じ道を行くことになってしまうことに、皆さん気づいていますか?

それでも原発と共に生きますか・・・?


<NHKBSドキュメンタリーのスタッフへコメントを送りましょう>
http://www.nhk.or.jp/wdoc-blog/200/81066.html
この公式ブログで、ご覧になった方の意見を募集されています。
私も、意見を入れさせていただきました。是非、地上波のゴールデンで再放送をお願いします。今の日本人に必要なことは、問題提起と当事者であることの認識です。
「ペンは剣より強し」
どうか、よろしくお願いします。


【以下追記】
一言だけ。
引き続いて5月10日放送「被爆の森はいま」と5月11日放送「見えない敵」を見ることができました。是非皆さんもご覧になることをお薦めします。

失礼します。

This blog is my message for SVF

I can't thank you enough for Lori, Kathie, Kate, Rob and Pat.
I've been working there as a volunteer for 8 months. It seems to be not so long period, but it means so huge for me.

When I moved to Santa Clara last July, I had nothing here.
I just spent time to shop, cook, and sleep...  I was there just for my husband.

But after finding you, my life here has been changed so much. I always think that a human being needs to be thanked by someone in real life so that he can realize he is needed by someone.  As I mentioned above, I was there just for my husband. Some people would say that "you are happy enough", but I couldn't feel that way.

I really needed to be thanked by someone.

Thank you for your kind welcoming,  I could join there with delight but no pressure. I was very happy to be there and working with you.

I guess I don't have enough time to go lunch with you anymore, so it is good for me not to send e-mail anymore, it's hard to say good-by, but I won't forget you...

Thank you again, guys.

Sincerely Yours,
Bochibochi

5月14-15日 毎日新聞の世論調査:浜岡停止「評価」66% 他の原発停止「不要」54%

毎日新聞世論調査:浜岡停止「評価」66% 他の原発停止「不要」54%
 ◇内閣支持、微増27%
 毎日新聞は14、15両日、全国世論調査を実施した。菅直人首相の要請を受けて、中部電力が受け入れた浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の運転停止について「評価する」が66%に上り、「評価しない」(25%)を大きく上回った。一方で、浜岡原発以外の原発については「停止する必要はない」が54%に上り、「停止すべきだ」は34%にとどまった。内閣支持率は4月の前回調査比5ポイント増の27%にとどまり、不支持率は前回調査と同じ54%と高止まりしている。

 日本の電力の3割を原発でまかなってきた日本のエネルギー政策について引き続き聞いたところ、「原発は減らすべきだ」(47%)が前回より6ポイント増えた。「やむを得ない」は、9ポイント減って31%。東京電力福島第1原発事故の深刻な状況が続く中で、原発縮小を求める回答が拡大している。「原発は全て廃止すべきだ」は12%(前回13%)にとどまった。

 浜岡原発の運転停止については、内閣支持層の78%、不支持層でも61%が評価した。支持政党別にみると、民主党支持層の79%が評価したほか、自民党支持層でも58%、公明党支持層でも55%がそれぞれ評価し、与野党の支持層を問わず、一定の評価を得ている。

 一方、首相の交代時期については「復興対策が一段落するまで」が前回比3ポイント減の50%で、最も多かった。「できるだけ早くやめてほしい」もほぼ横ばいの25%に上り、首相に対する厳しい評価は変わっていない。内閣不支持の理由では、「指導力に期待できないから」が昨年6月の菅内閣発足以来、最多の54%に上った。

 福島第1原発の放射性物質に関する政府の発表については「信用している」が26%と、前回比6ポイント減った。「信用していない」は同6ポイント増えて64%と大きく上回った復興財源を確保するための増税に「賛成」の回答は前回比10ポイント減の48%、「反対」は41%で同8ポイント増え、拮抗(きっこう)している。

 被災地に対する政府の支援や復興の取り組みについては「大いに評価する」(4%)、「ある程度評価する」(46%)と合わせて50%が評価。一方、「あまり評価しない」(33%)、「全く評価しない」(11%)と合わせ、評価しないも44%に上り、判断が割れている。【野口武則】

    ◇

 東日本大震災の被害が大きかった岩手、宮城、福島3県の一部地域は今回の調査対象に含まれておりません

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110516ddm001010062000c.html

まだまだ脱原発へのパーセンテージは低いですね・・・。
回答者は、本当に考えて選択されているんでしょうか。まだ過渡期だとわかっていても、日本が脱原発できるのか、私にとっては不安になるような結果でした。

いや、「脱原発できるのか」じゃなくて、「脱原発する」!
私達自身の手で、実現させなきゃ!

こんなことでヘコたれてたら、アカン!
「うち、ヘコたれへん!!」(辻本議員風wwwww)

真面目に、まだまだできることがあるはず。

毎日新聞さん、被害の大きかった岩手・宮城・福島の方々にこそ、世論調査を率先して行ってください。私達が知りたい記事とは、そういうものです。

あなたは、この世論調査にどう答えますか?
よく調べて、よく考えて、答えてください。


失礼します。

5月14日 首相:再生可能エネルギー政策転換だと思いきや・・・

日中韓首脳会談:「再生可能エネルギー重視」首相表明へ
毎日新聞 2011年5月15日 10時24分 更新:5月15日 14時27分

  菅直人首相が、今月21、22日に東京で開かれる日中韓首脳会談で、東京電力福島第1原発事故を受け、太陽光や風力など再生可能エネルギーを重視する方針を表明することが14日、分かった。首相がこうした方針を国際会議で表明するのは初めて。3カ国での技術協力などを確認する。原子力安全・防災協力も主要議題となり3カ国政府は、夏にもソウルに共同事務局を新設して災害支援などの連絡調整を行う拠点にする方針だ。

 会談には、中国の温家宝首相、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が出席し、4回目となる今年は菅首相が議長を務める。

 3カ国共同事務局の創設は、そもそも昨年5月の第3回日中韓首脳会談で合意された。経済・文化協力を目指していたが、災害協力機能を強化する。3カ国で事務局運営費を出し合い、事務局長は韓国、次長は日中から出す。会談では、このほか3カ国の救助隊や支援物資の受け入れを迅速化する態勢構築についても協議する。

 原発安全管理についての3カ国の政府間協議を活性化して次回会合を年内早期に開催することも合意する。

 菅首相は今月10日の会見で、2030年までに原発の総電力に占める割合を50%以上にすることを目指したエネルギー政策を見直し、再生可能エネルギーを「基幹エネルギー」に加える考えを示した。政府高官によると、菅首相は会談で、再生可能エネルギーに「シフト(移行)」する考えを表明したい考えだ。しかし、国際社会に「日本は脱原発の姿勢だ」との誤解を招きかねず、26、27日にフランスで開かれる主要8カ国(G8)首脳会議などでも同様の表現で説明することを考慮して、「重視する」との内容に落ち着く方向だ。

 菅首相は会談で、原発事故の情報を「最大限の透明性」で提供することを約束したうえで、日本の農産物などへの輸入規制緩和も要請。中韓両国での風評被害に歯止めをかける転機にしたい考えだ。【犬飼直幸】
http://mainichi.jp/select/today/news/20110515k0000e010011000c.html

冒頭読み始めて、「おぉっ!!!」っと思ったのですが、やはり急には無理ですね。
ちょっと期待してしまいましたよ・・・orz

やはり原発促進国への配慮がなされる予定です。

・・・やっぱり政治家には任せておけない。これからの原子力発電政策だけは、国民の手で決めないと!

ちょっと私自身のエネルギーが足りなくなってきたようなので、今日はこの辺で失礼します。

明日はもっといいニュースがありますように・・・。

5月14日 なぜ子どもの被曝を避けなければならないか。<追記あり>

結論から先に書きます。お子さんを持つ方がいらっしゃったら、絶対に守ってほしいです。

子どもは絶対に被曝から守らないといけない

その理由が漠然としていたと思いますが、被曝するその子どもの病気だけではなく、その子どもが将来、子どもを授かれるかどうかが、決定してしまう可能性があるからです。

生物学的に説明しますが、理由は以下の通りです。

【女の子の場合】---------------------------------------
女の子は生まれる前から、卵子のもとになる卵母細胞という細胞をもっており、

母親のお腹の中でまだ胎児でいる時期には600万~700万個
    ↓(徐々に減少)
出世時に100万~200万個
    ↓(さらに減少)
思春期までに約30万個

とその数を減らしていきます。
女性は、初潮から閉経までに平均で約400個排卵すると言われています。(閉経後は残った卵母細胞は退化していきます。)

さて、卵母細胞は、毎月1個成熟し、卵子となって排卵され、受精を待ちます。
その他の排卵されない待機中の卵母細胞は、卵母細胞のまま細胞分裂を止めた状態で卵胞内に存在し続けています。その待機中には、DNAの修復は行われない為、年齢を重ねるごとに卵子の損傷の可能性が大きくなり、同時に不妊の可能性も高まるわけです。

つまり、ここでみなさんに注意していただきたいことは、女性は生まれたときから卵母細胞を持っていて、出世後に自分で新たに生成することができないということです。

・・・わかりますか?

幼少期に被曝して、卵母細胞にダメージを受けた女の子がどうなるか・・・。

一度被曝してしまったら、取り返しがきかないんです。

被曝をしてしまった卵母細胞がどうなってしまうか、想像できると思います。
ICRPの発表しているしきい値をご紹介します。
------------------------------------------
           急性被曝     慢性被曝
一時不妊           0.65-1.5 Gy               -----
永久不妊       2.5-6.0 Gy           0.2 Gy/年
------------------------------------------
(Gy=Svでいいと思います)

【男の子の場合】---------------------------------------
男の子の場合、精母細胞は放射線の感受性が高く、低線量でも細胞死が起こり一時不妊になってしまいます。また、0.15Sv以上浴びると精子の元になる精母細胞がダメージを受けて細胞死し、一時的な不妊になると永久不妊となると言われています。

こちらでも具体的にしきい値をご紹介します。
--------------------------------------------
           急性被曝     慢性被曝
一時不妊            0.15 Gy               0.4 Gy/年
永久不妊      3.5-6.0 Gy            2.0 Gy/年
--------------------------------------------
(Gy=Svでいいと思います)

※すいません。ICRPの数値のソースを探したのですが、どうしても本文が見つからなかった為、関連するURLを貼らせていただきます。

①人体に対する放射線の確定的影響と確率的影響
http://www.rada.or.jp/database/home4/normal/ht-docs/member/synopsis/030065.html
②日高振興局(放射線を生殖腺に受けると子供はできなくなるの?)
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hfc/homepage/q-16.htm


さて、これを読んだ後もあなたは汚染地域で子どもを遊ばせることを許せますか?
福島の子ども達に20mSVを許容する政府が一体何をしているかわかりますか・・・?

実はこの話、昔、高校の生物の先生が授業で話してくれていました。その時は子どもが被曝するなんて想像していなかったため、なかなか実感できませんでした。本当ならもっと早くにこの記事をUPすべきだったと思い、とても後悔しています。自分の知識や数値に自信がなかったというのが本音です。でも、自分の持っている知識で、少しでも子ども達が助けられるのなら・・・と思い、思い切ってUPしました。
※幾分高校時代の授業をベースにし、ネットで足りない箇所を補ったため、間違っている箇所があるかと思います。ご指摘いただければ訂正しますので、気づかれた方はコメントを入れていただけると助かります。

今まさに、子ども達の未来が奪われようとしています。
どうか、この記事を読んで、思うところがあったのなら、これをお子さんを持つお友達に伝えてください。そして、子ども達を守ってください。

・・・・・お願いします。

一刻も早く、子ども達を避難させてください。お願いします。政府の人・・・。



ほんとにぼちぼちしてられない・・・。


<以下追記>
5月16日の別の武田先生の講演「福島県の復興はきれいにすることだ」
こちらの記事を必ず合わせてご覧ください。

これが現実だと思います。

私の記事が嘘であってほしい・・・。
kakeriさんの言うとおりの影響で済んでほしい・・・。
・・・・・・・・・・・・・・。

5月14日 浜岡原発、全原子炉停止後の続報

中部電力、浜岡原発の全原子炉停止を発表 2、3年後に運転再開方針
産経ニュース 2011.5.14 22:35
 中部電力は14日、浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)5号機の原子炉が停止したと発表した。13日には4号機も停止しており、すでに廃炉にすると決まった1、2号機、定期点検中の3号機と合わせ、浜岡原発はすべての原子炉が停止した。中部電は首相要請を受けた原発の全面停止で、電力供給力の12%にあたる約360万キロワットを失った。今後火力発電を中心に、代替供給力の上積みを急ぐ。

 浜岡原発5号機は、14日未明から原子炉の炉心に制御棒を差し込み、核分裂反応を止める操作を開始。段階的に発電出力を落とした。

 本店(名古屋市)の中央給電指令所では、5号機の電力出力を示す数字が午前10時15分に「0」となり発電が停止。午後1時ごろには制御棒すべてを挿入し終え、原子炉の運転が停止した。15日には原子炉が安定する温度である100度未満の「冷温停止」状態となる見通しだ。

 中部電は、防潮堤建設などの津波対策が完了する2、3年後に、運転を再開する意向を示している。

 浜岡原発の全面停止で、電力消費がピークとなる7月には電力不足が懸念される。このため中部電は、供給力を補う検討を本格化させる。

 休眠中の火力発電所の再稼働、燃料となる液化天然ガス(LNG)の安定調達、関西電力からの融通、政府への支援要請内容など課題は多く、電力供給は「綱渡りの状態」(水野明久・中部電社長)だ。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110514/biz11051422360017-n1.htm

時間がないので、一言だけ。

・・・・運転再開は、させないから。


失礼します。

これからぼちぼちはどうしたらいいんでしょう・・・。
ちょっと闇の中かもしれないです。

またUPします。

5月14日 東電:とうとう、作業員の方体調不良で死亡のニュース

福島第一原発作業員が体調不良、病院で死亡 
読売新聞 5月14日(土)11時16分配信

 東京電力の福島第一原子力発電所で14日午前6時50分頃、機材の搬送をしていた東電の協力企業の60歳代の男性作業員が意識不明となり、福島県いわき市内の病院に運ばれたが、午前9時33分に死亡した。

 同原発の復旧作業中に作業員が死亡したのは初めて。東電で死因などを確認している。

 東電によると、男性は午前6時頃から、高濃度汚染水が移送されている集中廃棄物処理施設内の4つある建物の一つで、同僚男性と電動ノコギリを2階から1階に搬送している最中に体調不良を訴えた。同原発内の医務室に運ばれ、作業員の活動拠点「Jヴィレッジ」で医師の診察を受けた後、午前8時35分頃、病院に搬送された。男性のいた建物地下2階に汚染水が貯蔵されていたが、男性は防護服を着ており、被曝(ひばく)線量は0・17ミリ・シーベルトで、身体に放射性物質の付着はなかったという。男性は、前日の13日から同原発に入り、午前6時~9時の作業時間で働いていたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110514-00000293-yom-soci

この作業員の方が意識不明で救急搬送された話は、今日の午前の東電会見の冒頭で伝えられたので、私もオンタイムで聞いていました。

・・・・ツイッターでつぶやく手が震えていたと思います。

被曝が原因なのか、疲労や別の要因で亡くなったのか、それはまだわかりません。
発表されたとしても、それが正しいかどうかの判断もきっとできないでしょう。

でも確かなことは、作業員の方が、作業中に意識を失い亡くなられたということです。

これから、私達は何人、作業員の方々を見送らなければならないのでしょう。
・・・言葉が見つかりません。

胸が張り裂けそうです。

どうか、ご冥福を祈らせてください。
そしてできることなら、このような人がこれ以上でないよう・・・・・、祈ることしかできません。

今日はもうUPできないと思います。

・・・・失礼します。


5月12日ニコ生での小出先生の講演(@大阪)

原発「安全神話」溶解
http://live.nicovideo.jp/watch/lv49374520

(ニコニコのアカウントが必要ですが、是非取得してでもご覧ください。アカウントなしで見られる動画を発見しだい、差し替えます)
※中盤ちょっとダレていますが、主な内容は必見だと思います。

・・・何度も涙が溢れました。

福島の悲惨さをどれだけの日本人が理解しているのか・・・。
子どもたちにどれだけ負の遺産を残しているのか・・・。

私は何度も言ってきました。

国民全員が当事者です」っと。

どうしたらいいのか、何が福島の人々にとって幸せなのか・・・。
子どもたちを救いたい。
20mSV問題も早く撤回してほしい。

最後に国民投票に触れていましたね。
とても嬉しいです。コメントの中にも「国民投票しよう!」という声がたくさんありました。
非力ながらも、私はそれをずっと主張してきたわけで、そういう流れに乗れれば!と思っています。

でも、私に何ができるのか、また深く重くのしかかりました。
何度も何度も考え続けているのに、まだ何もできていない。

そして、ダンナにもこの考えををなかなか理解してもらえない・・・。

・・・・・ちょっと、落ちてきたので、一旦失礼します。

続きを読む

5月13日 福島県:4町に原発事故連絡せず。<これは怖い報告です。>

福島県、4町に原発事故連絡せず 緊急回線途絶  
2011/05/13 21:16   【共同通信】

 福島第1原発と第2原発の事故発生直後、福島県が防災計画の対象である周辺6町のうち4町と連絡を取った記録がなく、事故発生や避難指示を伝えていない可能性が高いことが13日分かった。
 放射性物質の影響について正確な情報がないまま、楢葉、広野両町は住民を自主的に避難させた。地震や津波により緊急連絡網が不通となったためで、複合災害を想定しない防災計画の甘さが“本番”で露呈した形だ。
 原発事故などの原子力災害への対応では、体感できない放射性物質や放射線が大きく影響するため、県の地域防災計画や原子力安全委員会の防災指針は、緊急時の「正確で迅速な情報提供」を特に強調している。
 県によると、緊急連絡網は県と原子力災害時に対策本部が置かれ、拠点となるオフサイトセンター、各原発から10キロ圏内のEPZ(防災対策の重点実施地域)の6町などをつなぐ専用デジタル回線で、電話やファクスのほかテレビ会議もできる。
 3月11日の震災直後、センターは非常用電源が落ち回線が不通に。一般電話や携帯電話もかからず、県原子力安全対策課の災害用衛星電話3台のうち1台を東京電力との連絡専用としたため、残りが自治体との主な連絡手段となった。
 県の記録では、午後5時10分、第1原発のある大熊、双葉両町に原子炉の冷却装置の異常を連絡。午後9時前には半径2キロ圏内への県の避難指示も両町に連絡した。だが、ほか4町への連絡の記録は残っていなかった。
 防災計画は経済産業省原子力安全・保安院や事業者が自治体に連絡することも規定。保安院は「県とセンターを通じて避難指示を連絡した」としたがセンターには記録がなく、東電は「ファクス送信後に電話した」としたが、受信が確認できていない自治体も。
 連絡がなかったとみられる4町のうち、第2原発が立地する楢葉町と、同町の南側に隣接する広野町は、テレビ報道などを受け、独自判断で住民避難に踏み切った。
 楢葉町の場合、12日早朝に方針を決め、第2原発から約30キロのいわき市への避難を始めた。町環境防災課は「町民の命を守れるのは役場しかない。危険になる前に呼び掛けた」としている。
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011051301000974.html

これは、怖いニュースですよ。
もし、この記録どおりで事実なら、事故発生当初つまり3月11日に、既に津波で冷却装置は喪失されていたにもかかわらず、4町にはその連絡がいっていなかったってことですよね・・・?
報道を見て自主的に避難って・・・・。

どんだけ「独自判断」させるわけ~!!!???

これって、本当に国のやることなんでしょうか。
事故発生当初のパニックは想像できるし、フクイチの現場に残った数十人の方々を思うと、致しかたなかったのかと、一瞬思いますが、いやいや、政府は情報持ってたんでしょうが!
現場から連絡できないんだったら、政府から連絡すればいい話じゃないですか?

臨機応変って言葉知りませんか?

こんな状態でよくもまぁ原発稼動させてるね!!!!(ちょっと怒ってますよ!!!!!)
早急に日本全国の緊急事態マニュアル的なものを見直してほしいです。

またちょっと頭冷やさないと・・・。

本件については、一旦失礼します。

ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ